ノンタンのつれづれ日記 - 2014年09月

今年も俳句の道へ

 俳句の道5
 
 今年も俳句の道の彼岸花を見に行きました。
 宮若全国俳句大会で入選した133句碑がたっています。

     句碑

 今年は彼岸花の開花が早かったようです。

 彼岸花2

     彼岸花0

     開花し始めた彼岸花も美人さんです。

   彼岸花8
 

 ケイトウ

 昨年は、健康の坂道の先の方へ行かなかったのですが、今年は登りました。
 
 健康の坂道

 坂道2
 
 彼岸花に止まっている蝶に出会えました。

 蝶

 「頑張って坂登れば若がえる」
 一生懸命登らなければ~と、一瞬思いました。(笑)

 頑張って

  ずっと登ったところに千手観音菩薩様をおまつりされている
  白峯寺がありました。

  白峯寺1   白峯寺2

 ちょっと痛々しい蝶ですが頑張っています。
 
 白の彼岸花と蝶

 今月も残り少なくなりました。
 来月は、コスモスシーズンになりますね。
 
 コスモス

 


スポンサーサイト

キバナコスモスと飛行機

あるサイトでキバナコスモスと飛行機の写真を見つけました。
見てみたいなと思い出かけてきました。
キバナコスモスが咲いている場所がわからなく飛行機だけでも見ようと駐車場へ
入りました。
そこには飛行機がお好きな人達がたくさんいらっしゃいました。
その中で無線をされている方から、「もうすぐキティちゃんの飛行機がきますよ。」と
教えていただきました。

 ハローキティジェット

 いろんな飛行機が飛んでいましたよ。

 飛行機 (3)

他の場所へ移動される方がいらっしゃいましたので、了解していただき
後をついて行きました。
そうするとキバナコスモスが咲いている所へ案内してもらいましたよ。
従姉と大喜びしました。(^-^)

        キバナコスモス (2)

  コスモス&飛行機 (2)

 飛行機5

 この位置に飛んでくるのでは?と、しゃがみ込んで待っていました。(笑)

 飛行機とコスモス

 飛行機&コスモス (2)

 後から、撮る位置が違ったかな?と後悔しましたが、とっても楽しい日となりました。
    (楽しいというより、興奮しまくり状態でした。) 
 新たなる場所を見つけルンルンと帰ってきました。
 飛行機がお好きなご家族連れが多かったですよ。



自然の中で

 案内図

 草スキー場・キャンプ場・カブトムシの森・アスレチック等がある
 油山自然の森へ行ってきました。

     入口

 自然観察センターの周辺にお花が咲いているとのことで行ってみます。
 
  ヌスビトハギ
  名前から想像できない可憐な花です。
 
 ヌスビトハギ?

  ツクシハギ
  本州から九州の山地に生えている落葉低木。

 ツクシハギ (2)
 
  ネコハギ
  
 ネコハギ

 キンミズヒキ
 名前は聞いた事がありますが、実際に見たのは初めてです。
                            (金色かと思っていました。)
 

  キンミズヒキ
 
 秋には、サラシナショウマ・ヤマハッカ・ツルリンドウ・ノダケ・センブリ等が
 咲くのですが、まだ、早かったのでしょう。
 ゲンノショウコとつゆ草、名前がわからないお花をみつけましたよ。

 蝶


 ここで同行者は疲れたので吊り橋を見たくて一人歩きをします。

天狗岩 水の森

 山の中

 キャンプ場や滝がありました。
 吊り橋の場所がわからず戻ります。
 それから展望台へ車で移動します。
 展望台から、肉眼では見えなかったヤフオクドームが見えました。
 
 展望台から

 展望台にたくさんの人達が双眼鏡を持っておられたので 
 お尋ねすると、ハチクマが飛来してくるそうです。
 この地には、ヤマガラ・シジュウガラ・オオルリ・モズ等がいるそうです。

 家に帰ると近所に咲く彼岸花を見つけました。
 もうすぐ、お彼岸ですね。
 
 彼岸花

 

奇跡

昨日は、半年ぶりに八代の神社へ行ってきました。
昨日、初めてお会いしました方の事をお話しさせていただきたいと思います。
看護師になられ1年後のある日、血を流し倒れて発見されたのが翌日でした。
そして植物人間になられたそうです。

 つゆ草

病院から「覚悟しておいて下さい。」と告げられたのですが、ご家族の一心な思いや
いろんな出来事で奇跡がおこりました。

          プリフラ

 ゆっくりと歩けるようになられ、食事もできるようになられました。
 まだ、以前の記憶が思い出せない事があるようです。

 na

 又、いつかお会い出来る事を願い手を振りお別れを。

八代を出たのが午前0時、高速道路を通るのが怖いなと思いつつ、トラックの後を
ずっとついて行きました。
ところが、私が降りる手前のインターで降りられそうになり
出口の手前で横に並び道案内をしていただいたと勝手に思い「有難うございます。」の
思いをこめて頭を下げ通り過ぎました。
朝4時に起き、家を出たのが6時近くで帰りついたのが2時です。
それから片付け等をしていると3時近くになり、23時間起きていた事に
なりますね。
                                             おわりです。


このページのトップへ