ノンタンのつれづれ日記 - 2014年04月

かわいいミツデイワガサです

 昨日までは、暖かいというより暑かったのですが
 今日は寒いです。どうなっているのでしょう。
 
 マカロンちゃんのお家に遊びに行った時に、連休は
 どこかへ遊びに行きましょう。というお話しになり
 個人的には、海へ行きたいと思っていたのですが
 マカロンちゃんママさんの一言「やま」で決定のようです。(笑)
 はい、いつも主導権を握っていらっしゃいます。
 まぁ、山へ行く途中に海が見える場所は、あそこかな~?

 小さな小さな蕾だったミツデイワガサが咲きました。
 コデマリに似ていますが、葉が三つ手になっています。

 ミツデイワガサ

 ミツデイワガサ3

 ミツデイワガサ5

 お花の横顔や後ろ姿が好きで、鉢を斜めにして見てみました。

 ミツデイワガサ裏

     深山オダマキです。
     連れてくるつもりはなかったのですが、写真だけ撮らせてもらおうと
     左手に持ち空へ向かって見てみると、ついつい。。。(笑)
     今は、全て種になっています。

    深山オダマキ

  たそがれジョニー君です。
  顔が男の子のようなので「君」と呼んでいます。
  どうしても登場したかったようです。ビオラです。

 たそがれジョニーさん


 
 
スポンサーサイト

てがみ

  以前も「ヘアースタイル」と タイトルで書いた事がある
  お気に入りの美容師さんから手紙が届きました。
  まだ、20代なのに美容師を辞めるという内容でした。
  折角、知り合ったのでこのままお別れしたくないとの事で
  メールアドレスが書かれていました。
 
  ほんとうは、美容師を辞めたくないのでは?と感じていましたので
  「美容師を辞めるのはもったいないと思いますよ。」とメールを送りました。

  
  御衣黄2

   
  そして、返事が。。。
  「ほんとは美容師が大好きなのですが、業界の厳しさを肌で感じて
  信念を貫くことが出来なくなりました。」との事です。
  これを機に他の事にもチャレンジされるようです。

  御衣黄1


  そして、「一旦、美容業界を離れてみていつの日か、遠くから美容業界を
  見てみるのもいいかもしれませんね。」と、返事をしました。
  これから、いろんな経験をしてより輝き、たくさんはなを咲かせられるでしょう。


      御衣黄5

   
  どういう訳なのか、ここ数年ご無沙汰していた他の2名の方からも
  手紙をもらいました。
  忘れられていなかった自分を少しだけ振り返ってみました。
  

  お休みしていたのにもかかわらず、ご訪問、拍手コメをいただき
  有難うございます。
  画像は、緑のさくら、御衣黄桜です。
 
                                   4月20日花畑園芸公園にて

大好きな山野草~そ・し・て

 山野草を好きになったのは、小さなちびモミジをいただいてからです。
 小さなちびモミジが8号鉢に植えられていました。
 数年で大きくなり、若葉の季節にそよそよとなびいているモミジは
 もう、ちびモミジとはいえなくなりました。

 < 山野草展にて >
 
 キクザキイチゲです。
  
 菊咲きいちげ

      黄梅??という名がついていましたが。。。
     
     黄梅

       寒葵です。
 昨年いただいた寒葵は、花後の穴にナメクジが入ってちょっと~という感じでした。

  寒葵

  ?

  クリスマスローズの後ろ姿は美人さんですね。

 クリスマスローズ

   山野草の先生からいただいた青軸すみれです。
   茎が緑色なのが特徴です。

 すみれ


             そ・し・て


      ブログをお休みさせていただく事になりました。
 
      今まで育てられなかった山野草のお花が咲きだし

      成長の様子を残していきます。

      再開の折に見ていただければと思います。

                    

今年のさ・く・ら~

   寒さに耐え、蕾がみえてきたさくら。
   急に咲きだした週末に、2日間雨が降り、待っててくれるかな?と
   願ったさくらなのですが、もう散りかけていました。

 ソメイヨシノ5

 ソメイヨシノ

   葉さくらになりつつのソメイヨシノ。。。

 ソメイヨシノ (4)

   橋の横のお家で緑のさくらが咲き始めていました。
   こちらのお家には御衣黄桜とウコン桜が咲くのです。
   御衣黄桜はもう少し時間がたつとお花の中心がピンクになります。
  
 御衣黄

   ウコン桜

 ウコンサクラ

    この地での美しいさくらを見れなかったけれど、又、来年ね。


このページのトップへ