ノンタンのつれづれ日記 - 2012年06月

植物園・・・温室の中

 植物園の続きです。
 温室の入り口の前にヒペリカムが咲いていました。
 開花しているヒペリカムを見るのは初めてで、
 かわいいお花がお出迎えしてくれました。

 ヒペリカム

 温室の中に入ってすぐの所に蘭が咲いています。
 蘭は好きなのですが、葉ばかりが茂り花芽ができません。
 1ヶ月前でしたでしょうか?切り花の蘭のお花が終わり
 葉だけを花瓶に挿していると葉の先から新芽が出てきました。
 お花にも自分との相性があるのでしょうね。

 DSC_1782 (480x318)

  ブーゲンビリアです。
 
 ブーゲンビリア

 ベゴニアです。
 私は、球根とリーガスベゴニアの区別ができません。

 DSC_1839 (480x318)

 いろいろなサボテンがありました。
 赤いお花が咲いているのは、花キリンだと思います。
 違ったら教えて下さいね。

       サボテン (2) 

  蝶の部屋と書かれた所にネットが張っていましたが
  先客がいらっしゃったので、入らせていただきました。
  蝶々が飛んでいますが、おわかりになりますか~?
  ちょっとわかりにくいですね。

       蝶の部屋


  


 
スポンサーサイト

植物園・・・エトセトラ

 1年前はどこへ行ったのか過去のブログを見てみると
 意外と同じ場所に行っていました
 昨年の植物園行きは山野草展が目的でしたが、
 今年はゆっくりと見てきました。
 入り口に近い所はやはり花菖蒲や紫陽花でした。
 もう、終わりに近いバラ園、それから温室の中なのですが、
 温室の中はスイレンやサボテン、蘭、蝶の部屋がありました。
 今年は、松濱軒・お庭を開放されたお宅・植物園の
 花菖蒲を見る事ができました。

 菖蒲(植物園)

 雨が降っていないのに、何故か水滴が...
 それは、秘密です。

 菖蒲(植物園) (2)

 ブルーの紫陽花がきれいですね。

 紫陽花(植物園)

 バラ園の方へまわります。
 シーズンが終っていますので、咲いているバラを探しました。

 バラ園

 わ~い、きれいなバラが咲いていました。

 DSC_1681 (480x318)

 ピンクのバラなのですが、あんどん仕立て?にされています。
 次回は、たくさんのバラで見事な事でしょう。

 バラ仕立て

 透き通る美しさですね。

 DSC_1737 (480x318)

 おや、こちらのバラに、虫が止まっていました。

 ピンクのバラ

 青空に向かって元気いっぱいのバラです。

 白のバラ

 紫のお花の名前は忘れました。
 温室の方へ近づいてきましたよ。

 DSC_1715 (480x318)

 では、次回は温室の方へ行きましょう。


 
 
 

追憶

 私は、小さい時からお年寄りが大好きでした。
 両親共の祖母が40代、60代で亡くなっているので
 私には、生まれた時から祖母がいません。
 小さい頃には母方の祖父だけでした。
 祖母の思い出を知らないので、今でも
 ご健在の方を見るとうらやましいと思っています。
 
 もう随分前なのですが、ホスピタル病棟に入院していた
 義理の叔母のお見舞いに行き、病室を探していると
 違う部屋の方から、おいで、おいでと手招きで呼ばれました。
 少し痴呆が出られていたようで、「娘が帰ってこない。」と
 涙して話しかけられたのです。
 そこでしばらくお話し相手になりました。
 その様子を見かけた叔母から「知り合い?」と聞かれたので
 「いいえ、知らない人よ。」と答えました。
 その時の叔母も亡くなりました。
 父の弟も、外国へ行って3ヶ月で亡くなりました。
 結婚もせずに、24才の若さです。
 その伯父の命日は7月8日です。
 見た事もない伯父に会いたかった。
 少々暗いお話しになってしまいましたね。
 こういう事を思い出したのは、6月29日が
 祖父の命日だからでしょうね。。。




              旅




すごい場所

 道

 お友達から犬の散歩コースにお花がたくさん咲いて
 お庭を開放されているお家があると聞き、道案内してもらいました。
 玄関前にもたくさんのお花が咲いています。

 お庭

  初めて見る黄色の菖蒲が咲いていましたよ。

 花菖蒲いろいろ

 お花や野菜を育てられています。
 すごい広さですね。奥さまと二人でお手入れされて
 います。

 広い

  うろうろしていると、ワンちゃんから吠えられました。 

   犬 (400x265)

   ばら

   紫陽花もたくさんの種類が咲いていてそれは見事でした。

   数種の紫陽花

   アブチロンです。

   アブチロン

  花つきサボテン

 途中で、お父さんが私達に気がつかれ、お花のお話しを
 聞かせていただきました。
 若いころに、お花を知る為に華道を10年間も習われたそうです。
 たくさんの人達に見てもらう為に、夜間照明もつけられたそうですよ。
  そして
 「今年は雨が少なかったので、菖蒲が、かわいそうだった。」
 おっしゃっていました。
 


 

   

6月のカレンダー(花菖蒲)

 6月も半ば近くになりましたね。
 気がつけば、ブログ開設から丸2年過ぎていました~。
 開設当時は何を書いていいかわからず、先輩さんから
 いろんな情報を提供していただきました。
 今、思えばなつかしいです。
 初めてコメントをいただいた時は、心臓が破裂しそうでした。
 な~んて、大げさすぎました。(笑)
 でもでも、本当にびっくりしましたし、コメントを返すのは
 どうするのかな?と迷ってしまいました。
 毎日、ブログを更新されるブロガーさんに頭が下がるおもいです。
 
 さて、松井直之公が、生母 崇芳院の為に建てられたお茶室の
 庭園の花菖蒲を見てきました。
 花菖蒲は満開の時期が終りそうでしたが、スイレンはこれから
 大きく開いてくれる事でしょう。
  
 庭園菖蒲スイレン

 DSC_1334 (480x318)

 菖蒲

  画像の中から1枚選びワードでカレンダーを作りました。

    6月カレンダー.

   あれ!日にちの行が足りなかったようですね。

  
  
このページのトップへ